IPL脱毛は脱毛エステでしか体感できない魅力的な方法

脱毛サロンでは、IPL脱毛と呼ばれる光の力を利用した脱毛方法が主流となっています。IPLというのは、インテンスパルスライトを略したもので広域の光を体毛に照射することで脱毛を促す手法のことを意味します。元々、世の中に存在している光は一つの波長だけで成り立っているわけではなく、どの光もそれぞれの波長によって性質が全く異なっています。特定の波長に限定すれば特定の物質にしか反応しない光を作ることもできますので、この性質を活かしたものがIPLという方法なのです。ただ、IPL脱毛は医療脱毛で利用されるダイオードレーザーやアレキサンドライトレーザーと言った専門的なレーザーとは違います。こうした専門的なレーザーは局所に集中させてレーザー照射するため非常に強力な威力を持っていますが、IPLにはそこまでの威力がありません。そのため、脱毛サロンで施術をするためにはより光の力を吸収させるために専用のジェルやクリームを肌に塗布します。肌に対する刺激が弱い光を、こうしたジェルなどで補うわけです。また、脱毛サロンで利用される光は脱毛を利用する人にとって痛みが非常に小さい施術であるというメリットもあります。これは、出力の高いレーザー脱毛では麻酔が使われることと比較すると非常にわかりやすいと言えます。レーザー脱毛は、肌に対する痛みを考慮して患者の痛みを和らげるためにジェル状の麻酔を塗布します。こうしないと、特に敏感肌の人は痛みで脱毛どころではなくなってしまうからです。その点、レーザーよりも刺激が弱い分、脱毛サロンのIPL脱毛では初心者でも不安に感じることなく施術ができるメリットがあるのです。
IPL脱毛の脱毛器は、元々エステサロンなどで専門のエステティシャンが利用していたものです。そのため、美容に関しては他の施術方法よりも効果が高いという特徴があります。実際に、脱毛サロンでは美容に気を使ってより肌が綺麗になるようにIPLとRFと呼ばれる高周波を利用した機械を組み合わせて施術をすることがあります。これは光を利用した高周波で、肌に対して照射するとIPL脱毛では上手く脱毛することができない細かな体毛も非常に綺麗に処理できるようになります。肌に存在する小さな産毛にも反応しますので、肌の状態が滑らかにかつ美しくなります。実際に、IPL脱毛の光やRFの高周波はニキビ跡や毛穴にも反応して周辺の組織を改善し、美肌を生み出す効果もあるのでリラクゼーションの一環として脱毛を利用することが可能です。ストレス解消の手助けになりますので時間に追われている社会人にも有効なのです。